ドイツでのドイツ語検定とは?

2011年02月11日

ドイツでのドイツ語検定とは?

私がドイツ語をマスターできたコツはこちらで学びましたぴかぴか(新しい)

前回までは日本内で有効なドイツ語の検定を紹介しました。

今回より世界的に有効な、ゲーテインスティテュートのドイツ語検定試験を紹介しますね手(チョキ)

「ゲーテインスティテュート」はドイツの語学機関の名前で、その学校が主催している試験が世界的に有効とされています。

ドイツ国内で就職したい方、留学をしたい方には必須の試験となります。

もちろん、ドイツへ滞在するためのビザを取得する際にも大いに役立ちます。

将来的にドイツへ行く事を考えている方は、こちらのドイツ語検定を取得しておいて損はありませんぴかぴか(新しい)

例えば、将来ドイツの大学に留学したい場合にはC1レベル、ドイツに移民する場合のビザ申請時にはA1レベルの取得が必須となります。


と、将来的に&インターナショナルに有効な試験ですが、欠点と言えば難易度の高さでしょうかたらーっ(汗)

以前にも紹介した通り、独検に比べると試験の難しさがぐっと上がりますもうやだ〜(悲しい顔)

また「読む、聞く、書く、話す」という全ての能力が問われるので、独学で勉強するのは難しくなります。

例えば、一番下のレベルである独検5級は、30時間の勉強時間で合格の目処がつくのに対して、A1では、約150〜250時間と言われています。

加えて、受験料金も独検に比べると高くなります。


ゲーテインスティテュートのドイツ語検定試験は、日本国内でも受験する事ができます。

日本においては、「東京ドイツ文化センター」という機関が窓口となって年に数回試験を主催していますので、興味のある方は一度HPを訪れてみると良いでしょうexclamation

私がドイツ語をマスターできたコツはこちらで学びましたぴかぴか(新しい)



posted by ドイツ語検定ミホ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。