独検の試験では何をするの?

2011年02月05日

独検の試験では何をするの?

私がドイツ語をマスターできたコツはこちらで学びましたぴかぴか(新しい)

今回は独検の試験内容を見てみましょう目

独検の試験は、1次と2次に分かれていますが、5級から3級は1次のみで2次試験はありません。

1次試験では、筆記の試験とペン、聞き取りの2種類に分かれています耳

この聞き取りでは、ネイティブドイツ人の会話を聞いて質問に答えますが、一部聞いた内容を書きとる問題もあります。

5級

40分の筆記試験、20分の聞き取り

4級

1時間の筆記試験、25分の聞き取り

3級

1時間の筆記試験、25分の聞き取り

2級

80分の筆記試験、30分の聞き取り

2次試験として、5分間の口頭試験。

準1級

90分の筆記試験、35分の聞き取り。

2次試験として、7分間の口頭試験。

ここでは、試験管との会話を通じて、発音、イントネーション、文章構成、描写力、コミュニケーション能力がチェックされます。


1級

2時間の筆記試験、35分の聞き取り。

2次試験として、10分の口頭試験が課せられます。

いくつかのテーマが提示されますので、その中から1つを選び質疑応答を行います。

チェックされる項目は、準1級の項目に加えて、テーマに合わせて意見を述べる力を試されます。


2次試験が加わる2級からは、筆記試験の時間も長くなり、より本格的に勉強しなければなりませんねパンチ

私がドイツ語をマスターできたコツはこちらで学びましたぴかぴか(新しい)



posted by ドイツ語検定ミホ at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。